· 

【手紙〜拝啓 十五の君へ〜】に涙する


合唱関連のお仕事

サウンドクリエイターのインチョー荒井(@incho3)です。こんちわ。

 

現在、合唱曲に関連した制作のお仕事をしています。

 

おそらく多くの人が中学時代に「大地讃頌」や「夢の世界を」などを歌った経験があると思います。私はエレクトーンをやっていたので、合唱ではパートリーダーをやったりしていました。なつかしい…。

 

あらためて合唱曲を聞いてみると、とても良い歌詞の曲が多いことに気が付きました。当時は何も考えずに歌ってたような気がしますが、大人になった今こそ心に響く曲がたくさんあります。

 

…まあ、「大地讃頌」は単に大地を褒めてるだけで、あんまり心に響きませんが(笑)

 


今回、最も印象的だったのがアンジェラ・アキさんの「手紙〜拝啓 十五の君へ〜」です。

 

今さら説明するまでもありませんが、アンジェラ・アキさんが10代の頃、30歳になった未来の自分に宛てて書いた手紙をモチーフにして生まれた曲です。もともとはJ-POPですが、現在は合唱曲としても定着しています。

 

仕事をするにあたって関連動画を検索していたら、この動画にたどり着きました。

 

 

普通に泣けます。なんだこれ。

40過ぎのオッサンを泣かすなよ。(´;Д;`)

 


最近「バカな夢」を見ていますか?

 

わたしは社会人になってからの十数年間、大した目標も持たずに淡々と日々を生きていました。

なにも新しいことを学ぼうとせず、今ある能力だけで現状を維持してきました。無駄に過ごしてしまった時間も多かったと思います。

 

 

非常にもったいない時間だったと思います。

 

…が、いまさら後悔しても仕方ありません。

 

 

今現在、わたしはフリーランスのサウンドクリエイターとして活動しています。

わりと勉強するための時間も作れますし、会社勤めの頃よりも充実した日々を送れていると思います。

お金はないですけどね(笑)

 

 

40歳を越えてフリーになる。世間的には「無謀な決断」と批判されるかもしれません。

でも、「いまフリーランスにならなかったら、たぶん一生会社勤めのまま」という思いもありました。

 

年齢や世間体なんて関係なし!

失敗したら困るけど、とりあえず死ぬわけでもないし!

 

悩みや不安はたくさんあるけれど、それを理由に行動しなかったら死ぬ直前に後悔します。たぶん。

 

 


負けそうで 泣きそうで 消えてしまいそうな僕は 誰の言葉を信じて歩けばいいの?

ああ 負けないで 泣かないで 消えてしまいそうな時は 自分の声を信じて歩けばいいの

いつの時代も悲しみを避けては通れないけれど 笑顔を見せて いまを生きていこう

引用元:手紙〜拝啓 十五の君へ〜

 


個人的には「夢を持とう」なんて言葉を軽々しく口にするのは好きではありませんが、「デカすぎるバカな夢」なら持つべきと思っています。そういう大人、魅力的じゃないですか!?

 

ウォルト・ディズニーをぶっ倒すとか言ってる人もいますし。超魅力的です。こんな大人を目指したいものです。

 


 <前のブログ

【デジタルで作曲できる今こそ、五線譜を持ち歩こう!】


次のブログ>

【過去に楽曲制作したPSPのゲームを初プレイ】