· 

音楽の仕事に至る経緯 その4 プータロー→中小企業編


就職活動!しかし…

つづき

 

サウンドクリエーターとして企業への就職を目指す!

 

…と意気込んだはいいものの、時代はバブル崩壊後の元祖就職氷河期…。

 

さらに就職活動自体をナメていた私は、たいした活動もせずにフリーターに突入します。

  

ちなみに受けたのは主にゲーム制作会社。残念ながら全滅(´;Д;`)

 

 

…自分への言い訳をさせてもらうと、デモテープ審査はけっこう通ったんですよ。

 

 

でも面接のときにこう言われるんです。

 

 

4社ぐらいから同じこと言われました。

 

 

 

面接官:

「将来性は非常に感じます。これならどこに行っても大丈夫でしょう」

 

 

…って落とされました。

 

 

 

 

 

 

だったら御社で採用してくれ!!!

 

…まあ、体よく落とすためのリップサービスだったのでしょうが…。

 

 

で、結局1年間は地元の大型ゲーセンでバイトしてました…。

 

 

このゲーセンでのバイトが無駄な時間だったかというと、決してそんなことはなく、現在でも交流のあるプロ漫画家 火ノ鹿たもんさんと知り合ったのもこの時です。

 

 

どこに貴重なご縁があるかわかりませんね!

 

 

人生初の会社員!

そんな中、地道な就職活動の甲斐もあり、とある絵本の制作会社に就職が決まりました!

 

 

音の出る絵本の音源制作のお仕事!

 

 

俄然やる気が出てきます。

 

 

 

 

でもですね…。

 

 

 

入社してみたらですね…。

 

 

 

基本、営業のお仕事でした。

 

しかも毎日飲み会で帰りも遅い…。

 

 

一応、音源制作のお仕事もありました。単音で、童謡のメロディーとか打ち込んだりしました。もちろんこの仕事自体にはまったく文句はありませんが、実質3,4分で終わってしまい、それ以外は外回り営業でした。

 

 

それでも厳しい就職難を乗り越え、ようやくたどり着いた正社員の座。多少の理不尽は耐え抜き、もう少し頑張ろうと決意した時、社長からありがたいお言葉をいただきました。

 

 

 

 

社長:

「音楽なんて女でも出来る仕事はさっさと終わらせて、営業に行って来い」

 

…価値観の違いっていう言葉があるじゃないですか。

この言葉の意味を100%実感した貴重な体験でした。

 

 

仕事に対する価値観

音楽に対する価値観

性別に対する価値観

 

 

さすがに、全部が食い違っている場所で働くことは出来ませんでした。

 

 

2ヶ月の勤務の末、逃走。給料は1か月分しか入らなかったなぁ…。

 

 

 

でも、このときの退社の決断は結果的には正解でした。

退社した次の日に手に取った求人情報誌「とらばーゆ」に、ヤマハ(株)のクリエーター求人が出ていたんですから…。

 

 

あの時、無理して元の会社に勤め続けていたら、まったく別の人生だったかもしれません。

 

 

偶然とはいえ、人生はタイミングが重要ですね…。

 

つづく