· 

経済的なことを理由に「人に会うこと」をためらわない


コミュニケーション能力低下中

サウンドクリエイターのインチョー荒井(@incho3)です。こんちわ。

 

4月に会社を辞めて以降、家族以外との会話の機会が極端に減りました。もともと引きこもりがちな性格なので、人と会話しなくても全然平気ではあるのですが、昨日ちょっと思ったことがあったので記録しておきます。


昨日の深夜、友達からLINEで電話が来ました。数カ月ぶりの友人との電話、つい時間を忘れて話し込んでしまいましたよ。

 

その友達は以前に勤めていた会社の同僚で、昔はよく都内で飲みに行ったりもしていました。現在はその友人は実家の秋田に帰ってしまい、なかなか会うことができません。

 

でもやっぱり電話で会話してしまうと「飲みに行きたいね〜」となるワケですよ。

 

しかし独立したばかりで現金のない私、最初に思い浮かべてしまうのは「交通費」と「交際費」の計算なのです。これは自分でもちょっと悲しい。。

 

私、そういうの多いんですよ。イベントだとかオフ会だとかの参加を考える時、お金を理由にためらってしまう…。あと冠婚葬祭に関わる出費ね。素直な感情でお金出せないんスよ(笑)

 


ためらわずに人に会いに行く経済的余裕!

人と直接会って会話するのって大事です。新しいことをやるために一番必要なのって「人とのつながり」だと思うんですよ。自分一人で出来ることなんてタカが知れてます。私も数年前の極貧時代、いろいろな人とのつながりで救われました。

 

それなのに、経済的理由で「人に会うこと」自体をためらうのってもったいないですよね。。かなりの機会損失です。

 

ということで、私の「最低限の経済的余裕」の基準を『ためらわずに人に会いにけるだけの経済力』に設定します!

 

そして、できるだけ多くの人に会いに行くことも目標にしたいと思います。

 

今やっている「VALU」では、クリエイター同士の交流会も多く行われています。まずはそれらに積極的に参加してみようかな。


 <前のブログ

【作曲家として独立するため、新しく始めた7つのこと】


 次のブログ>

【目指せ!クリエイターの副収入】