· 

Bluetoothオーディオレシーバーを購入しました


自宅のオーディオがBluetooth非対応…

サウンドクリエイターのインチョー荒井(@incho3)です。こんちわ。

 

私、ケンウッドブランドのオーディオ製品が好きで、10年前に購入したオーディオを今でもリビングで使用しています。

KENWOOD R-K711

 

音質はもちろん、シンプルで無骨なデザインがかなり気に入っています。真空管アンプのようにオレンジに光るコントロールツマミもポイント。

 

 

ただ、10年前のモデルなのでBluetoothに非対応なのです…。

 

せっかくiPhoneやiPadを持っているのに、CDと有線外部入力しか使えないのは非常にもったいない。。

買い替えも検討したのですが、調べてるうちに便利な製品があることを知りました!

 


Bluetoothオーディオレシーバー

 

 

Bluetoothを受信し、AUXでCDプレーヤーに音声入力できるBluetoothオーディオレシーバーという商品がありました。これがあれば、既存のオーディオシステムにBluetooth接続することができます。素晴らしい!

 

対応コーデックや、オーディオ側の入力端子などで選択肢がいくつかありますが、私が選択したのはコチラ!

 

このエレコムの無線レシーバーは、アナログ出力のみ/アナログ&光出力/Wi-fi接続の3種類のラインナップがあり、それぞれ価格帯も違います。ご自身の環境に合わせて選択しましょう。

 

ウチはオーディオ本体の光入力がすでに埋まっており、wi-fiモデルはちょっと値段が高いので、アナログ出力のみのモデルを購入しました。

 

iPhoneやiPadとの接続も簡単、電源はUSB接続のコンセントですので、取り回しも楽です。 


音質も十分なレベル

 

正直、Bluetoothは音が良くないという先入観があったのですが、リビングでBGMを流すという程度の使い方であれば音質は十分なレベルです。

 

若干、低音側にバランスが寄ってしまっている印象ですが、気になるほどではありません。音質に相当こだわるのであれば、Wi-Fi出力のモデルを選択するのもアリだとは思います。

 

古いモデルの据え置きオーディオを使っている人には、ぜひオススメします!

¥3,000 程度の出費で、スマホの音楽データを高音質で楽しむことができますよ。

 

 

もちろん、お金に余裕があるならBluetooth対応アンプ買ったほうがいいです。

これ欲しい。。


 <前のブログ

【過去の通勤時間を計算してみたら、1年3ヶ月分だった】


次のブログ>

【自分には全く無縁の雑誌を読んで見る vol.1】