· 

自分に全く無縁の雑誌を読んでみる vol.1 【Fielder】


インプットを増やす

サウンドクリエイターのインチョー荒井(@incho3)です。こんちわ。

 

クリエイターは発信(アウトプット)が大事ですが、そのためには当然インプットも必要です。

ただ、自分の専門分野ばっかりでは視野が広がらないような気もするので、たまには自分には全く無縁と思える雑誌を買ってみようと思います。

 

役に立つかはまったくわかりませんが…。

アウトドア雑誌「Fielder」

雑誌コーナーを適当にウロウロしていると、刺激的なキャッチコピーの本を発見したので即購入

引きこもり系インドア派の私にとっては、まさに全く無縁のアウトドア雑誌です。

アウトドア専門誌 フィールダー

 

 

野生美食倶楽部という文言も目を引きますが、その他にも「対獲物ナイフ型録」「自然界の毒ペディア」と、見るからに刺激の強そうな雑誌です。 

 

可愛らしい動物が表紙をデカデカと飾っていますが、野生美食の名に恥じず巻頭特集で食料として見事に解体されています(笑)

解体の過程や調理方法も詳しく記載されており、想像以上にワイルドです。つーか、一般人には刺激が強すぎる!

 

ただ、狩猟用ナイフのカタログはなかなか面白いです。美しい見た目に興味をそそられます。


「自然界の毒ペディア」は興味深い

個人的には、自然界の有毒生物・植物の特集が興味深かったです。

毒ヘビや蜂も危険なのですが、説明を見るかぎり毒キノコのほうがよっぽど危険のようです。

 

例として、ドクアジロガサという毒キノコを誤食すると『中毒症状は2段階で、初めは嘔吐、下痢など。その後回復するが4〜7日で肝臓肥大、黄疸、内臓破壊などの後、死に至る』らしい。怖すぎるわ ΣΣ(゚д゚lll)

 

症状がコレラ感染症に似ているため、最近コレラタケに名称が変更されたらしい。やはり怖すぎる ΣΣ(゚д゚lll)

 

 

多動力が大事と言われる昨今ですが、なんの知識もなく野生のキノコを食べるのは止めたほうがよさそうです←当たり前


■ワイルド度 

☆☆☆☆☆

 

■ホントに美食なのか怪しい度

☆☆☆

 

■サウンドクリエイターお役立ち度



 <前のブログ

【Bluetoothオーディオレシーバーを購入しました】


次のブログ>

【大人になって「時間が経つのが早い!」と感じているあなたへ】