· 

私が作曲家として影響を受けた音楽1 【ポール・モーリア】



最初に手にした楽譜が「ポール・モーリア曲集」

サウンドクリエイターのインチョー荒井(@incho3)です。こんちわ。

 

私が影響を受けたミュージシャンは何名かいますが、おそらく人生で最初に影響を受けた音楽家は「ポール・モーリア」です。

 

 小学校1年生のとき、家にたまたま置いてあったエレクトーンに興味を持ち、そのとき母親が持っていた楽譜が「ポール・モーリア曲集」でした。この影響で、小学生のクセにインスト、特にイージーリスニングが大好きという、ちょっと変わった子どもになってしまいました(笑)




今も色褪せない、美しい旋律とオーケストレーション

 

ポール・モーリアの楽曲の良さは、やはりその旋律とオーケストレーションの美しさに尽きると思います。あくまでも主旋律を活かすためのアレンジと楽器編成は、音楽の「美しさ」を存分に引き出しています。現代のアレンジにおいても参考になるのではないでしょうか。

 

あと、日本語訳のタイトルも素敵ですね。

 

代表曲を何曲かご紹介します。

■恋はみずいろ

名曲中の名曲。チェンバロ〜オーボエの物悲しい旋律から、壮大なストリングスに展開します。


■エーゲ海の真珠

印象的なトランペットのオープニング→切ないピアノ→勢いのあるオーケストラ→女声ボーカルと、次々と展開していきます。展開箇所のそれぞれが際立っており、聞き所が満載です。

最近は「サビが強い曲」が良しとされる音楽業界ですが、この曲のようにすべての箇所に味のある楽曲も参考にしていくべきかもしれません。


■涙のトッカータ

個人的には最も好きな曲です。イントロのチェンバロ(?)の後、流れるように始まるピアノメロディが最高です。何度聞いても涙が出ます(´;Д;`)

 

たぶん私、切ない系のピアノ曲が好きなんですね(笑)


 

…そして一番納得いかない曲がコチラ

■オリーブの首飾り

この名曲をマジックのテーマ曲に仕立て上げたヤツは

一体どこのどいつだ!!??(笑)

 


他にも名曲たくさん!

 

とりあえず代表的な4曲をご紹介しましたが、もちろんこれ以外にも名曲はたくさんあります!

ポール・モーリアはベスト盤がたくさん出ているので、興味があれば聞いてみて下さい。癒やされますよ!

 


 <前のブログ

【実績や社会的地位だけで他人を評価する人に、負けたくなかった】


次のブログ>

【私が作曲家として影響を受けた音楽2【ヴァンゲリス】】