· 

デジタルで作曲できる今こそ、五線譜を持ち歩こう!



よいメロディを思いついたのに…!

サウンドクリエイターのインチョー荒井(@incho3)です。こんちわ。

 

作曲してる皆さん、外出してるときに、ふと良いメロディが降りてくることってありませんか!?

私はけっこうあります。電車の中、買い物中、音楽と関係ない仕事中など…

 

キタ━━☆゚・*:。.:(゚∀゚)゚・*:..:☆━━━!! ってなりますよね。自分が天才なんじゃないかと思う瞬間です(笑)

 

しかしですね…良い!って思ったメロディほど、いざPCの前に座って制作を開始しようとすると思い出せないんですよ…。これ、経験してる人は多いと思います。

 

ということで、最近はどこでメロディを思いついても大丈夫なように、五線譜を持ち歩くことにしています。

 

私、今までは曲を作り始める際、基本的にまずは何も考えずにDAWを立ち上げ、いきなり制作を開始していました。

 

BGMの場合はこの方法でもスムーズに進むのですが、歌モノの場合はメロディやコード進行がすぐに思いつかず、とっかかりが悪くなることがあります。
でも、普段から思いついたメロディを五線譜に書き留めておけば制作もスムーズに進みます。
思いついたメロディはすぐに五線に書き留める。
アナログなやり方ではありますが効果はかなり高く、PCを立ち上げた直後の作業速度がかなり上がりました!
これを習慣にできれば作業効率もアップするし、制作できる曲数も増えると思います。

オススメの五線ノート

 

ということで、いろいろな五線譜ノートを試してみた結果、マルマンのB5リングノートタイプに落ち着きました。

楽器屋さん、ロフトや東急ハンズなどで売ってます。Amazonにもありました。

 

B5サイズで10段。メロディとコードを書くだけならこれで十分使えます。

持ち歩くことを考えると、普通のノートタイプよりもリングノートのほうが使い勝手が良いです。

 

中身はこんな感じでシンプル。使いやすさ重視です。


リングノートにフリクションボールの組み合わせが最強

 

楽譜を書くペンですが、キレイに仕上げるならば万年筆タイプのカリグラフィーペンがオススメです。線の太さを自在に変化させられますので、8分音符や休符を美しく仕上げることができます。

 

…とはいえ、思いついたメロディを書き記しておくだけならばフリクションボールのほうが断然使い勝手が良いです。フリクションボールは文字を消すことができるため、楽譜の書き直しが容易です。

 

値段も安く、まさに楽譜を書くためにあるようなボールペンと言えます!

 

五線リングノートとフリクションボールを持ち歩いていれば、いつメロディを思いついても安心ですよ〜。


まとめ

 

このデジタル全盛の時代に、手書きの五線譜を持ち歩くのはナンセンスと思う人もいるかもしれません。

 

でも実際にやってみると意外と手軽にできますし、メロディやコード進行のネタをどんどん蓄積できるので、後々にかなり役に立つこともあります。

 

なにより「作曲してる!」っていう実感が、モチベーションを上げてくれます(笑)

 

コンペなどで大量の作曲をしている人には、ぜひオススメしたいです。

 


 <前のブログ

【私が作曲家として影響を受けた音楽3「喜多郎」】


次のブログ>

【】