· 

過去に楽曲制作したPSPのゲームを初プレイ


合唱関連のお仕事

サウンドクリエイターのインチョー荒井(@incho3)です。こんちわ。

 

 

もう6年ぐらい前になるのですが、PSPゲームソフト向けのBGM制作に関わったことがあります。

ただ、わたし自身がPSPを持っていなかったため、ゲーム自体をプレイしたことがありませんでした。

 

今回、埼玉に住む弟がPSPを貸してくれたので、6年越しの初プレイです!

プレイステーション・ポータブル



関わったタイトルは「勇者30 second」「ジカンデファンタジア」の2本。

勇者30は、私の制作した曲の動画がアップされてます。

 

↓コチラ

 

 

かなり懐かしい…。当時はまだハード音源メイン、DAWはDP5を使用していた記憶があります。 

 

自分の作った曲がメジャータイトルのBGMとして世の中に出回るのは、作家としての醍醐味です。

最近はゲームの仕事といえばスマホアプリであることが多く、据え置き機のタイトルはここ数年やっていません。またやりたいなぁ。


借りたPSPの中に…

 

さっそくサンプルのゲームをやってみようとPSPの電源を入れてみたところ、本体にコイツが入ってました。

 

鉄拳!


こいつはヤベェ!

今でこそゲームは引退した私ですが、20歳前後の頃は東京23区のゲーセンを渡り歩いていた格ゲーマニアでした。特に鉄拳、バーチャファイターにはいくら注ぎ込んだかわかりません。

 

 

多分、月に3〜4万円ぐらいのバイト代を注ぎ込んでいたと思います。←バカ

 

 

 

なぜそんなにハマっていたかって?

 

 

自分より強い奴を倒すために決まってるじゃないですか。←バカ

 

 

 

ゲームはもうやらない…。やらないと決めたんだ…。

 

 

 

 

でもちょっとだけやろうかな…。

 

 

 

うん、ちょっとだけ…。

 

 

 

…。

 

 

 

 

気がついたとき、周囲はさわやかな朝の光に包まれていました。

 

 

徹夜で鉄拳。略して徹拳

 

 

後悔はしていない。

 




 <前のブログ

【手紙〜拝啓 十五の君へ】に涙する


次のブログ>

コンビニバイトって、近年中になくなるのかな。