貯金は意識せず、自己投資にお金を全部使うことにしてみる

2019/7/13更新

お金を使う!!

 

フリーランスのサウンドクリエイターとして独立して丸2年、ようやくある程度収入が安定してきたので、2019年後半は貯金を意識せずにお金を使ってみることにします。

 

…と言っても、もちろんギャンブルなどの無駄な浪費をするというワケではありません。自分の成長につながると思えること、そして家族との生活を豊かにすることに積極的に投資してみようと思います。

 

 

具体的には

 

■仕事(音楽制作)に使う機材、ソフトなど

 

■人と会うための費用

 

■新たなチャレンジへの投資

 

■時間を効率的に使うためのアイテム

 

■生活を豊かにするためのアイテム

 

■家族との時間(旅行とか、たまの外食とか)

 

 

このあたりにためらわずに投資してみます!

 



あり金は全部使え byホリエモン

 

 

なぜ急にそんなことを言い出したかというと、この本にかなり影響を受けたからだったりします。

 



【あり金は全部使え 貯めるバカほど貧しくなる】堀江貴文

 

だいぶ刺激的なタイトルではありますが、内容は非常に合理的。日本中に広まっている貯金信仰を完全に否定し、今やりたいことに投資すべきという持論を展開します。

 

これって、言われてみれば当たり前なんですよね。未来のことなんて誰にもわからない。であれば、今あるお金は今現在の自分を成長させるために使ったほうが絶対に効果的です。

 

とりあえず2019年の年末までは貯金を意識せず、稼いだお金を全部使う勢いでやってみたいと思います。

 

 

…とは言っても、過去に病気でぶっ倒れた経験もあるので、必要最低限の蓄えは保っておくことにします。3ヶ月分の生活費は確保し、それより稼いだ分は自己投資に使う方針で行きます。

 

 

目指せ貧乏性の克服!

 

ところで、お金って使うときに、妙に罪悪感があったりしませんか?

 

私はけっこうあります。何というか「お金は使わずに貯金しなくてはならない」 みたいな考えが染み付いてしまっているんですよね。

 

 

…私ね、かなりの貧乏だったんですよ(笑)

そりゃーもう、貧困と言っても差し支えないレベルです。

 

ロスジェネなんて言われる不遇な世代であることも理由ではありますが、私の場合は貧乏だった理由の大部分が自己責任でした。

 

一言で言えば「音楽で仕事してるクセに根性がサラリーマンだった」んですよね。基本的に受け身でした。これでうまくいくワケがないですよね…。

※決してサラリーマンがダメという意図ではありません。考え方の問題です。

 

 

現在は考え方を改め、かなり自発的に活動するようになってきているのですが、それでも身に染み付いてしまった貧乏性いうのが抜けきりません。お金を使うときの罪悪感もそうですが、数円単位の値段差で長い時間迷ったり、仕事で必要な機材投資を金額を理由にためらったり…。

 

お金の本来の価値を理解していなかったのだと思います。

 

今回「稼いだお金を全部使う!」と決めたのは、この貧乏性を克服したいという思いもあります。

 

 

半年後、貧乏性を克服して「脱貧乏」を達成できるか、それとも「最下層貧困に転落」しているか…。乞うご期待。

 

 




 <前のブログ

【山ほどあるデッドストック曲をボカロ用に改造してみる】


次のブログ>

【】