· 

Art Photo Tokyoに行ってきました

エレクトーンシティ渋谷
アートイベントに行ってきました

サウンドクリエイターのインチョー荒井(@incho3)です。こんちわ。

 

渋谷の再開発でぶっ壊される予定のビル「エレクトーンシティ渋谷」全体を使ったアートイベント「ARIGATO SAKURAGAOKA」を見てきました!

普段それほど芸術に触れる機会はないので、とっても楽しませていただきました。

 

ちなみにこのビルは私の元職場。取り壊される前に見ておきたいという思いもあります。



そもそもビルがアーティスティック(?)

この「エレクトーンシティ渋谷」というビル、元々はボウリング場だったらしく、しかもかなり古いので消防法などもどのぐらい適用されているのかわからんような構造です。エスカレーターすらありません。

この複雑な構造を逆に活かし、まるで迷路のような空間をアート展示に効果的に使用していました。ウロウロするだけでも楽しめます。

 

まずは2Fフロア。アラーキーや蜷川実花などの私でも知っているアーティストから、新進気鋭の前衛的アーティストの作品まで幅広く展示されています。動画作品もありました。

 

周辺の渋谷を題材にした写真展示も多かったです。

 

この写真、実に不思議。よくこんなの思いつくなぁ…。

 

3Fでは故・樹木希林さんの写真展やTOYO TIRESによるタイヤアート、個室での各アーティストの写真展示。

さらに大ホールでは坂本龍一プロデュースのアート音楽空間が公開されています。

 

4Fは主に映像作品、5Fはポップで可愛らしい絵が展示されてました。

 

屋上にはDJブースが設置してあり、BARがオープンしてました。

夜は壁面投影の映像作品が見れるそうです。

芸術は楽しい!

芸術作品、たまに見ると非常に面白いですね。食わず嫌いで敬遠していてはもったいない。

 

よくいるじゃないですか。芸術を「ワカラン」の一言で切り捨てるオジサンとか。これは人生もったいないです。理解できなくたっていいんです。単純に眺めて楽しむだけでも人生豊かになりますよ。

 

もちろん、私も同じクリエイターという立場。本来であればこういったアート作品から作曲のインスピレーションを湧かせるのが理想的なのかもしれませんが、まだそこまでは達していないようです。あんまり作曲のインスピレーションに繋がりません(笑)

 

でも全然いいんです!面白ければいいんです!多分!!

 

 


 <前のブログ

【再開発で消える『エレクトーンシティ渋谷』】


次のブログ>

【Audio Versity動画 シリーズ配信開始】