自分のこと

年明けに「働き方を変える!」とブログで宣言させていただいておりましたが、3月末を持って(株)ヤマハミュージックジャパンとの継続契約を終了することになりました。

「何かしら行動する!」とは決めたものの、ダメ人間が染み付いていた私には、何をどうすればいいのか解りませんでした。そこで、まずは自分に何が足りないのかを考えてみました。

ヤマハを離れ、とあるベンチャー企業に就職しました。この会社、基本的には韓国芸能情報のケータイサイト運営がメイン業務です…

ヤマハの求人の職種は、当時全盛期だった「ケータイ着メロ」制作委任クリエーターでした。さっそく作りためていたデモ音源を送付、面接までこぎつけ、なんとか採用をいただきました。

サウンドクリエーターとして企業への就職を目指す!…と意気込んだはいいものの、時代はバブル崩壊後の元祖就職氷河期…。

DTMの面白さを知ったワタクシ、まずはそれまで触ったことすらなかったパソコンを、親にお願いして分割返済で購入してもらいました。

エレクトーンプレーヤーになる!…と意気込んで専門学校に入学。在学中に演奏グレード4級も取得し、今では考えられないぐらい練習に時間を費やしてきました。しかし…

私が音楽を始めたのは小学校一年生の時。家にあった母親のエレクトーンを触ったのがキッカケでした。