おみくじは凶でも躍進できた2018年を振り返る

2019/1/5更新

2018年を振り返ってみます

サウンドクリエイターの荒井智典(@incho3)です。こんちわ。

 

 2019年、平成最後の年が始まります。今年もペース上げて行きましょう〜!

 

思い返せば昨年は前庭神経炎で搬送→自宅療養に始まり、おみくじ引いたら「凶」という散々なスタートでした。凶なんて引いたの初めてですよ。というか、凶なんてホントに入ってるんですね…。病人への追い打ちとしては最高ランクです(笑)

 

おみくじ 凶
昨年は「凶」!!

ということで、2019年へのはずみをつけるために、2018年を少しだけ振り返ってみたいと思います。


【健康面】

 健康面で1番問題だったのは前庭神経炎で1ヶ月近く何もできなかったこと。これはツラかったです。しかも入院するほどでもなく、自宅でも何もできないため、せっかく入っていた任意保険による所得補償も全く効果を発揮できませんでした。

 

フリーランスにとって病気になることがどれだけ危険であるかを身をもって体験することができました。普段からの備え、貯蓄、周りの人たちのフォローは非常に重要です。フリーで仕事をするならば、このリスクは常に頭の片隅に置いておきましょう。他人事では済まされません。

 

【仕事面】

まず大きかったのはブシロードのゲーム「トリプルモンスターズ」のユニット「ピンクスプラウト」のCD作曲・編曲を担当できたこと。長いことBGM作家として活動しておりますが、メジャーレーベルから作曲家としてCDリリースしたのは今回が初となります。

 

他にもヤマハイノベーションロードBGM制作など、大きな仕事を数多くこなすことができました。過去数年ではもっとも手応えのあった年になったと思います。

 

また、プロボノと呼ばれるボランティア活動も体験しました。私の最終目標である「世代間経済的格差の解消、若年貧困層の改善、それに関わる各種問題の解決」を目指し、この活動は今後も続けていきたいと思っています。

 

ただ、コンペ参加や無料楽曲配信は停滞気味となってしまいました。このあたりは改善していきたい部分です。

 

【生活面】

うちは夫婦共働きなのですが、昨年は嫁が保育士資格を独学で取得しました。超尊敬。

 

嫁の仕事を最大限サポートするため、家事の大部分を私が担当することになりました。おかげさまで掃除・洗濯・炊事・育児ともにそれなりのレベルに上達したような気がします。クリエイターのための主夫ブログ記事でも書こうかしら。

 

日々のご飯担当
日々のご飯担当

毎日の4人分のごはんは問題なく作れるようになりました。やっぱ、たまに作る「男の料理」的なヤツよりも、日々のシンプルな晩ごはんを作れるほうがよほど大事です。

 

燻製の作り方覚える前に、みそ汁の作り方を覚えましょう!

総合評価

 

というわけで、おみくじで凶なんて引いたわりにはかなり手応えを感じる1年であったように感じます。2019年もさらなる飛躍を目指して頑張りたいと思います。

 

ちなみに今年のおみくじは「大吉」でした!!

 

今年は「大吉」!!
今年は「大吉」!!

逆に不安です(笑)

 


 <前のブログ

【楽曲コンペ!結果を出すために参考にしたい本4選】


次のブログ>

【PS4 ゲーム2本が付くキャンペーンで「パラッパラッパー」DLしてみた!】